BBM  Art Plan
Beneath the Blue Music
ビニース・ザ・ブルー ミュージック

Beneath the Blue with African Beat



2018.03.10(土) live space ZIMAGINE
13:00 Open / 13:30 Start
予約¥3.500/当日¥4.000(ドリンク別)

《出演者》
Beneath the Blue:KEIJI(Vo.)
Wagane Ndiaye Rose(Sabar)
堀内なつみ(Pf.)

お問い合わせ、チケットの申し込み

         

各出演者のオフィシャル・サイトからのご購入も可能です。各リンクからお問い合わせください。
 

出演者プロフィール


◆Beneath the Blue:KEIJI(Vo)


ヴォーカル:KEIJIによるソロ・ユニット。
Beneath the Blue(ビニース・ザ・ブルー)とは『蒼い空の下』『海の世界』という意味。
東京芸術大学 音楽学部声楽科(テノール専攻)卒業。
「ブラビシモ クラシカ」コンクール 奨励賞(声楽・器楽など全部門総合)。
在学中からこれまでにモーツァルト「レクイエム」やヘンデル「メサイア」のソリストをはじめ、数々のコンサートやオペラ、ミュージカル等の舞台に出演。CMの録音や芸能プロダクション等での歌唱指導を経て、現在はコンサートやライブ、各種イベント、ディナーショー等に出演。
自身のオリジナル作品を含む、全曲ポップスのCDアルバム《STAY》をレコーディング。
レパートリーはオリジナル曲の他にラテン、ジャズ、シャンソン、カンツォーネ、ケルトに渡り、クラシックの名曲のアレンジを変えて演奏する、ジャンルの垣根を超えた演奏が幅広い客層に好評。
また、民族楽器とのコラボレーションにも関心があり、クラシカル・クロスオーバー歌手として独自のスタイルをめざす。
オフィシャルサイト 
http://btb-keiji.com


◆Wagane Ndiaye Rose(Sabar)


ワガン・ンジャエ・ローズ。セネガル共和国出身のサバール・パーカッション奏者。
西アフリカの伝統音楽を世界的な芸術に押し上げたとして、ユネスコの無形文化財に認定された父、ドゥドゥ・ンジャエ・ローズのグループの一員として、全米で50ヶ所の公演ツアーなど数々の海外ツアーで演奏経験を積む。
また、The Rolling Stones、Stevie Wonder、James Brown、Peter Gabriel などの世界的なミュージシャンとの共演経験も豊富。
日本では林英哲(和太鼓)、加藤登紀子、渡辺貞夫、坂田明、綾戸智絵、May J、USA(EXILE)、山本寛斎らとも共演。
サバールやセネガル文化の伝道師として各地でワークショップを開催するなど、音楽を通じた国際交流活動や教育活動の分野でも活躍している。


◆堀内なつみ(Pf)


東京芸術大学 音楽学部作曲科卒業。
メディアアーツ 東京コンセルヴァトアール尚美 ディプロマコース ピアノ専攻修了 ディプロマ取得。
作曲を佐藤眞、ピアノを大谷真実、西川秀人、中村和枝、北野裕司の各氏に師事。
第3回 サキソフォーンのための作品コンクールに入選。
国際映画祭レセプションをはじめ、上海でのライブハウスでも演奏。
Nokko、ローリー寺西、大沢聡(オカリナ)など数々の著名アーティストと共演、海外公演にも参加。
また、東京トロイカ合唱団ピアニストとして、ロシアのモスクワ、サンクトペテルブルクでの公演にも参加。
ジャズ、クラシックからロックまでこなす多才さからミュージシャンからの信頼も厚く、ピアノ・キーボード奏者として国内外で活躍中。
オフィシャルサイト
https://www.facebook.com/natsumi.horiuchi.16



TOPページに戻る