BBM  Art Plan
Beneath the Blue Music
ビニース・ザ・ブルー ミュージック

Latin & Jazz Joint Concert



Latin & Jazz Joint Concert

2018.06.22(土)  live space ZIMAGINE
13:00 Open / 13:30 Start
予約¥3.800/当日¥4.300(代別途1ドリンク オーダー)

《出演者》 
Beneath the Blue:KEIJI(Vo.)
沖田陽向子(Vo.)
堀内なつみ(Pf.)
深美健一(Bs.)
川村成史(Dr.)

   

お問い合わせ、チケットの申込み

        

各出演者のオフィシャル・サイトからのご購入も可能です。各リンクからお問い合わせください。


出演者プロフィール


◆Beneath the Blue:KEIJI(Vo)


ヴォーカル:KEIJIによるソロ・ユニット。
Beneath the Blue(ビニース・ザ・ブルー)とは『蒼い空の下』『海の世界』という意味。
東京芸術大学 音楽学部声楽科(テノール専攻)卒業。
「ブラビシモ クラシカ」コンクール奨励賞(声楽・器楽など全部門総合)。
在学中からこれまでにモーツァルト「レクイエム」やヘンデル「メサイア」のソリストをはじめ、数々のコンサートやオペラ、ミュージカル等の舞台に出演。
CMの録音や芸能プロダクション等での歌唱指導を経て、現在はコンサートやライブ、各種イベント、ディナーショー等に出演。
自身のオリジナル作品を含む、全曲ポップスのCDアルバム《STAY》をレコーディング。
レパートリーはオリジナル曲の他にラテン、ジャズ、シャンソン、カンツォーネ、ケルトに渡り、クラシックの名曲のアレンジを変えて演奏する、ジャンルの垣根を超えた演奏が幅広い客層に好評。
また、民族楽器とのコラボレーションにも関心があり、クラシカル・クロスオーバー歌手として独自のスタイルをめざす。

オフィシャルサイト 
http://btb-keiji.com


◆沖田陽向子(Vo.)


大学在学中ミュージカル映画好きの両親の影響により幼少から親しんでいたミュージカルの世界を目指して本格的にレッスンを開始する。
その後劇団を経て、フリーで舞台やレビューショーなど様々なパフォーマンスステージを経験する傍ら、2011年ジャズシンガー・中本マリと出会い、その歌声や人柄に感銘を受け入門。
現在も師事を仰ぎながら、聴く人の心に存在感を残すことのできる唯一無二の歌手を目指し邁進中である
https://www.facebook.com/HinacoOkita66


◆堀内なつみ(Pf)


東京芸術大学 音楽学部 作曲科卒業。
メディアアーツ 東京コンセルヴァトアール尚美 ディプロマコース ピアノ専攻修了 ディプロマ取得。
作曲を佐藤眞、ピアノを大谷真実、西川秀人、中村和枝、北野裕司の各氏に師事。
第3回 サキソフォーンのための作品コンクール に入選。
国際映画祭レセプションをはじめ、上海でのライブハウスでも演奏。
Nokko、ローリー寺西、大沢聡(オカリナ)など数々の著名アーティストと共演、海外公演にも参加。
また、東京トロイカ合唱団ピアニストとして、ロシアのモスクワ、サンクトペテルブルクでの公演にも参加。
ジャズ、クラシックからロックまでこなす多才さからミュージシャンからの信頼も厚く、ピアノ・キーボード奏者として国内外で活躍中。
https://www.facebook.com/natsumi.horiuchi.16


◆深美健一(Bs)


18才でベースを始め、高梨道夫氏に師事する。
大学在学中に参加したラテンバンドをきっかけにプロとして活動するようになる。
ニューヨークでジャズ、ハバナでラテン音楽の見識を深める。
現在は主に、在日ラティーノとのサルサバンド、タップダンサーとのコラボレーション等全国で活動中。
その他、各種バンドでのライブやレコーディングでも活躍。


◆川村成史(Dr)


中学時代にドラムを始める。
学生時代より本格的にプレイスタイルを磨き、ライヴ、セッション活動を行う。
20代中盤からアコースティックへの志向が強まり、ジャズ系のバンドおよびセッション活動を中心におく。
2011年マレーシア&ブルネイ、2012年チリ&アルゼンチン、2014年ジョージアに、和楽器奏者の海外ツアーにPerサポート・メンバーとして参加。
2018年春、参加するBig Bandでアメリカ・ニューヨークにて公演。
現在、ジャズを中心にオールラウンドなスタイルで活動中




TOPページに戻る